商工会議所・商工会のコト。

補助金・融資・セミナ情報等を更新しています。

福井商工会議所(福井県):コロナ下のお酒事情「家飲み増えた」4割超に。 人気のおつまみは?

f:id:chamberblog:20220113113158j:plain

〒918-8004 福井県福井市西木田2丁目8-1

 

福井商工会議所による福井県の「今どきライフスタイル調査」第4弾、今回は「家飲み(晩酌)」をテーマに調査が行われました。

 

www.fcci.or.jp

 

新型コロナウイルス感染拡大前に比べて、自宅で酒を飲む頻度が「増えた」という回答は全体の42%、「それほど変わらない」は50%という結果に。家飲みにかかる金額(1カ月)は「5,000円未満」が44%で最も多く、8割が1万円未満で済ませていたことが明らかになりました。

 

f:id:chamberblog:20220113113309p:plain

 

インターネットによるアンケート調査で、同会議所会員ら70人から回答を収集。「自宅でお酒を飲む」と答えた人は71%。頻度は「ほぼ毎日」が36%で最も多く、「週に1回程度」が32%、「週に3~4回程度」が24%を占めました。

 

一方で、20代の55%、30代の44%が「自宅で飲まない」と回答。理由は「それほど酒が好きではない」が80%でした。

 

www.fukuishimbun.co.jp

 

福井県では各市内での試みやユニークなプロジェクトが幾つかスタートしており、話題になっています。例えば福井市内では「Hamamachi Hang Out(浜町ハングアウト)」が始動しており、お酒による交流と副業(サイドビジネス)の活性化が期待されています。

 

f:id:chamberblog:20220113113000p:plain

Instagramアカウントはコチラ

 

酒離れはもとより、コロナ禍による生活の変化が表面化されていることが分かった調査となりました。

北大阪商工会議所(大阪府):創業支援ネットワークが生み出す起業家の発掘

f:id:chamberblog:20220112192409p:plain

 

創業支援ネットワークの連携性が注目を浴びています。北大阪商工会議所枚方公共職業安定所・日本政策金融公庫主導の創業支援イベントが開催されました。特にハローワークと連携した創業セミナーは全国でも例が少なく、起業家発掘の基盤となりそうです。

 

www.city.hirakata.osaka.jp

 

枚方市地域活性化を図る目的で「特定創業支援等事業」として地域の金融機関などとネットワークを構築しています。ハローワーク枚方や日本政策金融公庫も参画しており、今回の取り組みを行うこととなりました。

 

www.jfc.go.jp

 

日本政策金融公庫では様々なセミナー等を行ってきた実績がありますが、参加者は「実際に起業を手掛けている」人が大半だったとのこと。「創業予備軍的な人たちに声が届かない」という課題が露呈していました。

 

f:id:chamberblog:20220112192758p:plain

創業・経営支援拠点:枚方市地域活性化支援センター(ひらっく)

 

一方、枚方、交野、寝屋川3市の2021年10月の有効求人倍率は0・63倍と府内平均よりも0・5ポイント低く、ハローワーク枚方は「創業でより多くの雇用の創出を」と分析。昨年11月下旬に15人の参加者を募って開催。日本政策金融公庫守口支店の横田剛支店長らが講師となって、法人の種類や設立資金の概算など、起業のための基礎的な知識をレクチャーしました。

 

www.hirakata-kassei.jp

 

参加者からは「創業までに何を始めてよいか分からなかったので助かった」「無料で起業相談を受けられる公的機関の窓口があることなど教えてもらえた」など好評。参加者の内、4人が大阪産業局の支援相談を受けるなど、実際に起業に向けて動きをとり始めています。

 

ハローワーク枚方の新熊一之・産業雇用情報官は「新型コロナウイルス禍で、技術を持っていても会社をやめざるを得ない人も多い。自分で仕事を始めることも選択肢として提示できた」。同支店の横田支店長は「創業の意思を持つ方を探すのが難しい。裾野を広げるという意味で今回の取り組みは良かった」と手応えをつかんだ様子。

 

 

今後の展開として、ハローワーク枚方の平林正博次長は「参加者の反応などを精査し、来年度以降、同様の形で継続していくか、違う形で行うか判断していきたい」と話しています。

www.nnn.co.jp

本別町商工会議(北海道):会員企業に乳製品配布、カレー店むらた家はラッシーを無料提供へ

f:id:chamberblog:20220110113752p:plain

〒089-3334 北海道中川郡本別町北1丁目4−19

 

本別町内のカレー店むらた家(村田勝代表)は、1月10日から牛乳や乳製品の消費喚起の一助にと、食事をしたお客様限定にラッシーの無料提供を始めることを発表しました。

 

honbetsu.or.jp

 

また本別町商工会(岡崎勉会長)においても、会員として入会する飲食店等31店での来店者に、牛乳や乳製品を振る舞うなど、町を挙げて牛乳・乳製品消費拡大への取り組みを行っています。

 

f:id:chamberblog:20220110113528j:plain

 

www.murataya-honbetsu.com

 

昨今の乳製品の過剰な廃棄・ロスが問題となっている中で、少しでもこの消費を促すことが狙いです。

 

むらた家の提供するラッシーの原料(牛乳・ヨーグルト)は、JA本別町が無償で提供しています。

 

kachimai.jp

留辺蘂商工会議所(北海道):商工会議所の公式HP内で、求人情報が一目で分かるページを開設

f:id:chamberblog:20220109212212j:plain

 

北見市留辺蘂町留辺蘂商工会議所(横山勝人会頭)は、会員企業を対象とした利用無料の求人情報サイト「留辺蘂『きゅうじん掲示板』」を立ち上げました。

 

www.47news.jp

 

企業間の情報交換や人材マッチングの促進を狙いとしており、現時点での掲載数は9件。今後、会員企業を中心に掲載促進を図り、利用率の向上を図ります。

 

f:id:chamberblog:20220109212020p:plain

▶︎掲載一覧はコチラ

 

掲示板は昨年12月20日に開設。会員企業なら業種を問わず求人情報を掲載できるように整備しており、非会員企業の「会員入会」に繋げることも課題となります。

 

ja-jp.facebook.com

 

このほか雇用マッチングとして、従業員の出向が可能かどうかの情報を登録できる仕組みも整えており、会員企業内での更なる交流が期待されます。

 

www.47news.jp

北谷町商工会(沖縄県):北谷町民以外でも利用できる「プレミアム付き商品券」を販売へ

f:id:chamberblog:20220108102331j:plain

 

北谷町商工会(沖縄県中頭郡)は、66%のプレミアム付き商品券「ニライ商品券2021」を16日から販売。誘客促進を目的にしたもので、町民以外も購入が可能となっています。

 

www.chatans.jp

 

利用先に、家電量販店や大型店舗などを除く町内の約382店舗がリストとして提示。

取扱店はコチラ

 

f:id:chamberblog:20220108102020j:plain

 

本商品券は、13,000円(5,000円分)で、1人当たり1日に2冊まで購入することができます。利用期間は2022131日まで。カーニバルパークミハマ1階で販売中です。

 

※本取り扱い店舗は町商工会ホームページに掲載しております。お問い合わせは(電話)0989362100まで

ryukyushimpo.jp

香春町商工会(福岡県):「コワーキングスペース」として、商工会の一部事務所スペースを無料で貸し出し!※1月31日まで

f:id:chamberblog:20220107192050j:plain

香春町商工会(〒822-1406 福岡県田川郡香春町香春 751番地)

 

福岡県香春町商工会は、今月31日まで、事務所の一部をコワーキングスペース(共同利用型の仕事場及び事務利用)として無料で貸し出しを行なっています。福岡県の商工会連合会によると、商工会が単独で事務所スペースを貸し出す今回のような取り組みは「県内で初めての試み」とのことです。

 

f:id:chamberblog:20220107191918j:plain

kawara.site

 

香春町商工会は昨年11月、同年3月に閉園した旧香春幼稚園の園舎に移転。実は本事業は香春町からの直接の業務委託となっており、試験運用としてコワーキングスペース事業を実施している背景があるとのこと。

 

f:id:chamberblog:20220107192203j:plain

 

なお、商工会では起業家支援や経営相談等を行っており、無料でこの支援を受けることが可能です。コワーキングスペースの利用に併せて、ぜひ相談を依頼してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

「令和2年度 第3次補正予算・小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)」採択結果が公表されました

f:id:chamberblog:20220106192509p:plain

 

全国商工会連合会が窓口となる小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)。

www.jizokuka-post-corona.jp

本日13:00頃に、第4次受付締切分(令和3年11月10日締切分)の採択審査結果の公表が行われました。(有効申請件数6,589件のうち5,780件が採択となっています)

 

 

ちなみに、申請者に対してはJグランツ上のマイページ画面より採択通知・不採択通知を確認することができます。本日付の発表となるため、結果の正式な確認・反映は1月7日以降となります。

 

www.takashibookrecords.com

 

採択と同時に交付決定となる事業者には、Jグランツから送信される「採択通知書」の次ページ以降に「交付決定通知書」が添付されています。「交付決定通知書」がない事業者は、申請内容に関する確認・修正依頼が必要となる場合がありますので、必ず案内文に従って再提出等をいただきますようお願いいたします。

※当該事業者は、修正・再提出していただいた後、補助金事務局で内容を審査した上で交付決定となります。